ピアノ調律・修理 愛知 岐阜 三重 出張します
調律・修理  谷口ピアノ調律事務所  名古屋・岡崎・豊田
HOME 作業内容

基本料金

Q&A ブログ イタリア・企画  運営者情報












Q&A

 


Q、ピアノの大きさは値段と設置場所のスペースで決めていいのですか?

 A、お答えします




 
 
ピアノのサイズと演奏者の体格について

一般的にピアノはモデルが大きくなれば値段も高くなり、
いいピアノだといわれていますが、
はたしてそれは本当なのでしょうか?
メーカーのホームページでも、ピアノのモデル別にわかりやすい
説明がされていません。
予算とスペースでピアノの大きさを決めていいのでしょうか?
ここでは新たな視点からピアノ選びを提案いたします。

ここでお伝えするのは個人的な意見です、そういう考え方もあるんだ。で終わらせてください。
否定されてもかまいません。いろいろ意見発信するのが大切だと思いませんか?
僕の少ない経験で感じたことです。・正しい・まちがい・でなく、意見です。




 まず覚えたい判断の基準

 音色 

ピアノのサイズが大きくなると、
低音の弦の長さに自由な弦長を与えやすくなるのでベースの音量がまします。
また、弦長が全体的に長くなり、音が伸び、
バランスのいいピアノなら音の深みもあります。

ピアノのサイズが小さくなると、
反面メロディーラインの音域が鳴るように感じる傾向があります。
倍音を支えるベース、中音の弦長は長くとれませんので、音の伸びが限られてしまいます。
 
大きいピアノ 小さいピアノ
ベースがなる、音が伸びる 高い音域が鳴るように感じる、
音が伸びない





表現力

表現力 ピアニッシモからフォルテッシモに変化するにつれて、音色も力強くなること

ピアノのサイズが大きくなると表現力が落ちます。
意外かもしれませんが事実です。
イメージするなら、アンプとスピーカーのバランスに例えられます。
 
ピアノのメカニックがアンプなら、スピーカーはピアノのボディです。
ピアノが2倍の長さになってもピアノのメカニックは2倍の大きさにはなりません。
よって大きいピアノの場合は小さなアンプで大きなスピーカーを鳴らすようなバランスになります。

表現力をもたせるには入力を大きくするしかありません。
力を入れるという意味でなく、体格の大きな人なら表現力をもたせられるということです。

大きいピアノ 小さいピアノ
表現力がない
フォルテッシモで音が割れにくい
表現力がある
フォルテッシモで音が割れやすい




          
 

タッチ

ピアノのサイズが大きくなると鍵盤の長さが長くなり
鍵盤を押し下げる間の瞬間にタッチのコントロールが容易になります。

反面、鍵盤が長くなるということは鍵盤がしなるということで、
指からのエネルギーは逃げることになり表現力が落ちます。

ピアノのサイズが小さくなるとまるでスイッチのような
コントロールしにくいタッチになります。
しかし鍵盤が短い分鍵盤がしならずに剛性感のあるしっかりとしたタッチになり、
表現力は保てます。

表現力 ピアニッシモからフォルテッシモに変化するにつれて、音色も力強くなること

大きいピアノ 小さいピアノ
鍵盤が長い
鍵盤がしなる
指の力が逃げる
ふところが深いタッチ
鍵盤が短い
鍵盤がしなりにくい
指の力が逃げにくい
ふところが浅いタッチ
ふところが深い、浅い
鍵盤の深さではなく、どちらかというとタッチのコシみたいなもの、てこの原理
イメージとしては長いシーソーと短いシーソー

                 





 ピアノのサイズと体格の関係


160センチクラス

音色が浅く音も伸びない
鍵盤もスイッチのようでふところが浅い
お部屋の事情で購入される方が多い
でも、やっぱりアップライトピアノよりは良い

身長160センチ体重50キロくらいの体格の方でも弾き切ってしまう
身長170センチ体重60キロ以上の体格の方だとピアノが悲鳴をあげる。


175センチクラス

バランスの取れたモデルはこのサイズから。
音色は少し浅いが、不満はない
鍵盤のふところもグランドピアノらしくなる
表現力がある、ベースが音が伸びないのが不満

身長175センチ体重65キロ以上の体格のかたはピアノの器の小ささを感じる


185センチクラス

もっとも国産ピアノではバランスの取れたモデルといわれる。
しかし、それは日本人の体格に合っているという意味
ベースの音色も違和感はない
音色も、音の伸びも自然、表現力がある

身長180センチ、体重80キロ以上のかたはピアノが悲鳴を上げだす可能性あり


演奏者とピアノのバランスの取れた例 ふくよかな体格の一般的な日本人とC3
http://www.youtube.com/watch?v=L_GsEoacSf0&feature=related




200センチクラス

ベースがふくよかになってくる音の伸びも少し良くなる
表現力が少し薄くなる


身長180センチ、体重80キロ以上の方だとピアノの器の小ささを感じる


230センチクラス

音は伸びるが、以外にも音色の深みに乏しい。
なぜなら、ボディーに対して鍵盤やハンマーを大きくすることがむつかしいため、
ピアノを鳴らしきる感覚が乏しい。
反面フォルテッシモですぐにピアノが悲鳴を上げるメーカーもある

演奏に長けた方しか弾きこなせないモデル
強いて言うならふくよかな大きな体格のかた。

不思議なことに骨格の太さ、脂肪の付き方、
体格の大きさ、密度で音色は変わります

多分わかる方は多いと思います。



ピアノのことなら 《 谷口ピアノ調律事務所 》 調律¥8,000〜
谷口ピアノ調律事務所
谷口順繁
愛知県豊田市高崎町欠ノ上10番地7
ありがとうございます。お気軽にお電話ください。
フリーダイヤル 0120−976−586 (携帯電話転送時、応答できない場合がございます。)
電話番号 0565−41−3101
(同業者の方、営業の方はメールにてご連絡下さい。)
ファックス番号 0565−32−8784 
E-メール taniguchipiano@ gmail.com
※スパム対策のため、@の直後にスペースを入れています。
メールの返事が3日以内以内に無い場合は受信トラブルが考えられます。
お手数ですがその場合、お電話をお待ちしています。
ありがとうございます。ささいなこと、気になることでもご連絡ください。

HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア・企画  運営者情報
Copyright (c)2009,Taniguchi Nobushige