ピアノ調律・修理 愛知 岐阜 三重 出張します
調律・修理  谷口ピアノ調律事務所  名古屋・岡崎・豊田
HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア・企画  運営者情報













作業内容





聞く、感じる

ピアノの状態と対処を詳しく説明しています。
また、できる限りインターネットでの音源で、ピアノの状態を感じられるものを探しました。
インターネットでの比較となりますので限界があると思いますが、
分からない時は外部入力のスピーカーなどに切り替えてみるのも方法です。

 このページに演奏している動画とピアノのコメントを掲載しています。
まず、根気よくピアノの状態の違いを感じてください。
そして、お持ちのピアノがどのような状態なのか感じてください。

 調律について



ピアノを良くしなければならない原因。
ピアノを良くするための作業
作業をするにあたっての時間と金額
この点を理解して、納得のいく調律師に依頼されるのが、
お客様のいちばんのメリットになると思います。

僕の場合、いつもお客様にご心配をかけるのが、作業時間です。
僕と相性のいいお客様は、時間をかけてピアノを良くしたいと希望されている方です。
しかも金額はできるだけ低予算で。

この忙しい世の中で時間を空けることはむつかしいことです。
ピアノは時間をかけなければ良くならない。
待つことのできる忍耐をお持ちの方に、お礼に料金で還元したいそう思っています。
調律師も作業中は忍耐を強いられるのです。

そこで、僕の仕事の考え方に興味をお持ちの方に、
ピアノに問題があるケースの動画をもとに
僕の提案する作業内容と金額を明記しました。

はっきり申しまして調律だけしていてもピアノは良くなりません。
そのほかに必要な作業がたくさんあります。
それを簡単にインターネットで説明することは困難です。

お手数ですが忍耐強く
Youtubeを聞きくらべて少しでもピアノのちがいを
感じてください。





調律以外の重要な作業


調律師という職業柄,、ピアノを調律させていただく、そこに料金が発生する。
それだけでメンテナンスが終了する。と思われていませんか?
しかし、まず最初にしなくてはならないことはピアノが支障なく動くようにすることです。
その後にピアノを弾きやすく調整して、最後に音色の調整と調律になります。

調律だけをしていてもピアノは良くなりません。
 しかし、とりあえずメンテナンスをして使えるようにしたい。
大抵のお客様はそう考えています。
よって限られた予算でとりあえずえずしなくてはならない調整の順番で
ピアノを仕上げていくのをおすすめします。
ただし、まずピアノの状態をご自身で確認していただくために、使用開始直後の修理はお勧めできません。ご自身でどこが悪いのか納得してからご依頼ください。


 
限られた予算でとりあえずおすすめする調整の順番
 

アップライトピアノ
ピアノ内部の掃除 ピアノ内部のホコリ、サビをとります。 *サービス
調律 下がった音程を上げて和音をきれいにします ¥8,000
メカニックのチェック 鍵盤、ペダルが正常に動くかチェックします *サービス・有料
タッチの調整 指の力が弦に余すことなく伝わるようにします *サービス・有料
音色の調整 本来のピアノの出せる性能を引き出します *サービス・有料


 最低限やらなくてはいけない調整の順番、メニュー

アップライトピアノ
1 ピアノ内部の掃除 ピアノ内部のホコリ、サビをとります。
2 メカニックのチェック 鍵盤、ペダルが正常に動くかチェックします
3 調律 下がった音程を上げて和音をきれいにします
4 必要最低限の
  音色の調整
タッチの調整
演奏に支障のない状態にします



ピアノに問題を抱えている場合

アップライトピアノ
修理、追加料金について。
値段を安くしていますが、それでも高い金額です。
お客様の使用目的はそれぞれですので、
使用される方が幼い方、まだ始めたばかりで続くかわからない方に
最初からの出費はリスクです。
ピアノが動くなら、時期を見て修理をするのも方法だと思います。

また、まずピアノの状態をご自身で確認していただくために、使用開始直後の修理はお勧めできません。
センターピン交換は手間のかかる面倒な作業ですが、修理の基本です。
センターピンをチェックしないかぎり他の作業は意味を持ちません。
センターピンを変えてしっかり分解組み付けを行っているかが
修理のポイントです。

少しの不具合はサービス範囲内です。(鍵盤ブッシングクロスを含む)
センターピン交換の割合としてはフルコース全交換は10台に1台、
ウイペンアッセンブリー脱着は3台に1台、
ダンパーアッセンブリー脱着が必要なケースは5台に1台ほどの割合です。
鍵盤ブッシングクロス交換は一般家庭での使用では虫食い以外あまりありません。

全ハンマーアッセンブリー88か所 脱着、センターピン交換、点検、フレンジコード交換
ファイリング、弦合わせ、弦当たり、調律 
基本料金¥40,000

全ウイペンアッセンブリー脱着、176ヶ所センターピン交換、点検 
(センターピン交換88ヶ所以内¥12,000追加)
(176ヶ所センターピン全交換¥24,000追加)


全ダンパーアッセンブリー脱着、約70ヶ所センターピン交換、点検 ¥12,000追加


キーブッシングクロス バランス全交換 ¥12,000追加
キーブッシングクロス フロント全交換 ¥12,000追加


予算の指定もできます。¥50,000でまとめてほしい。などご相談ください


 




 ピアノの状態の変化と作業の必要性

       アップライトピアノ


ップライトピアノは家庭用のものだから、
音楽性なんてもとめても・・・なんて思っていませんか?
しかし世の中の大半のピアノはアップライトピアノです。
Youtubeをみてもみなさんアップライトでピアノを楽しんでいます。

たしかにグランドピアノと比較すると性能的には劣ります。
しかし、アップライトピアノでも演奏の楽しさを味わえます。
安いピアノだから、古いピアノだからといってあきらめるのはもったいない話です。
アップライトピアノの中で、しっかり調整して楽しめばいいのです。

少しタッチの調整をしてあげるだけで音量が豊かになり
弾き心地が自然になって喜んでいただけたり。
音を伸ばして本来のピアノの発声に近づけるるだけで
ピアノが良なったといいわれます。


 製造当初のアップライトピアノの状態
http://www.youtube.com/watch?v=zHWihzXN620
                クリック


 2〜3年たって調律が安定していない状態
http://www.youtube.com/watch?v=TioqiB6LF84
                クリック

調律基本料金 ¥8,000〜
タッチの調整 ご要望により有料
おすすめ点検セット
ピアノ内部清掃、点検、サービスでのタッチの調整込み



 長年使用して音が硬くなった場合
http://www.youtube.com/watch?v=R_b3YgUuw6Q 
                  
 クリック

 アップライトピアノ
お客様の使用目的はそれぞれですので、
使用される方が幼い方、まだ始めたばかりで続くかわからない方に
最初からの出費はリスクです。
ピアノが動くなら時期を見て修理をするのも方法だと思います。
調律料金 サービス
フレンジコード交換、ハンマー整形、メカニックの分解修理、音色の調整 ¥40,000
演奏に支障のない程度のタッチの調整 サービス
内部清掃、サビ取りサービス ¥0
合計作業期間2日半ただし1日内部パーツ引き取り1日現地にて作業
丸1日間現地にて時間をいただける方のみご依頼可能
¥40,000

 参考、 しっかりコストをかけてベストな状態にする仕様アップライトピアノ
調律料金 サービス
フレンジコード交換、ハンマー整形、メカニックの分解修理、音色の調整 ¥40000
タッチの調整 ¥24000
内部清掃、サビ取りサービス ¥0
合計 (作業期間3日) ¥64,000




 かなり弾きこんでピアノが疲れているれている状態
http://www.youtube.com/watch?v=aF6pXW6_qNA
             クリック

アップライトピアノ  
調律料金 サービス
フレンジコード交換、ハンマー整形、メカニックのガタツキ分解修理、音色の調整 ¥52,000
演奏に支障のない程度のタッチの調整 サービス
内部清掃、サビ取りサービス ¥0
合計 作業期間2半日ただし1日内部パーツ引き取り1日現地にて作業
丸1日間現地にて時間をいただける方のみご依頼可能
¥52,000


 参考、しっかりコストをかけてベストな状態にする仕様アップライトピアノ
調律料金 サービス
フレンジコード交換、ハンマー整形、メカニックのガタツキ分解修理、音色の調整 ¥52,000
タッチの調整 ¥24,000
鍵盤のがたつきをなおす修理(フェルト交換) ¥12,000
内部清掃、サビ取りサービス サービス
合計 (作業期間4日) ¥88,000

ピアノの状態がわからない方のおすすめは
おすすめ点検セット アップライト¥9,000 グランド¥10,000
作業時間2時間30分 掃除、点検、長年放置のピアノの再調律含む
(久しぶりの調律の場合、初年度は調律が安定しにくいです)
基本的に追加料金はありません。ご希望される作業内容、金額でまとめます。

 再調整したと思われるピアノ
http://www.youtube.com/watch?v=5CZoIVAudDI
            クリック






 ピアノの状態の変化と作業の必要性
    グランドピアノ



 日本の調律師は完璧な調整、調律をすることで有名です。
調整の技術だけなら日本は世界のトップレベルです。(コンサート調律師)


しかし、僕が感じた演奏者のピアノへのこだわりは、

指の力が本体にしっかり伝わっているのか?
表現力があるのか?
ピアノの発声が自然か?
このようなものでした。




1年〜5年使用したお思われるピアノで疲れていない状態
http://www.youtube.com/watch?v=AeLFT5Wt-zk
            クリック

グランドピアノ
調律基本料金 ¥9,000
タッチの調整 サービス・ ご要望により有料

 ある程度音が弾きこんで音が硬くなった
場合

http://www.youtube.com/watch?v=4sbY8kvcLZo&feature=PlayList&p=
F24AD45003773A73&playnext=1&playnext_from=PL&index=54

                       クリック

 
グランドピアノ
の修理料金についてはお問い合わせください。
お客様のご要望を反映させていただきます。

 




 ピアノが弾きこまれていて疲れている状態
http://www.youtube.com/watch?v=pRQd0pYgYYQ
            クリック
グランドピアノの修理料金についてはお問い合わせください。


 再調整したと思われるピアノ
 http://www.youtube.com/watch?v=gb7Ds9sN29s&feature=related
                  クリック  





 ピアノの再調整について


今の時代は古いピアノを再び使用するのは常識です。
インターネットで個人売買で購入されたり、親子二世代で使用したり。
日本は1970年代にピアノブームがあり、今もたくさんのピアノが眠っています。
それを活用するのは自然なことです。また、修理をする調律師も増えており、
ぜひ、お持ちのピアノを再調整することををおすすめします。

 
何を修理するのでしょうか?

 ここでは、アップライトピアノに焦点を当てたいと思います。





修理目的

 1.まず、普段の使用に問題が起きなくすること。


錆びて表面がざらつき雑音の出ている止音ぺタルの動きにともなうパーツ
錆びが浮いています                裏側ですが、 錆を取った後
     


変色したセンターピン(回転する部品の軸)                              
            削られて変形したフェルト   

ぺタル使用時の雑音、タッチに関わる300ヵ所近くある回転部品の交換、チェック。
フェルト、クロスなどの消耗部品の交換


 かなり疲れたピアノで内部機構を全調整
したいケース

http://www.youtube.com/watch?v=9R13fzWO77g
           クリック

 ぺタルから雑音が出ているケース

http://www.youtube.com/watch?v=9vZuJOSrKNg
            クリック
http://www.youtube.com/watch?v=AmJLxKr7kNQ
            クリック

1 ピアノ内部の掃除 ピアノ内部のホコリ、サビをとります。
2 メカニックのチェック 鍵盤、ペダルが正常に動くかチェックします
3 調律 下がった音程を上げて和音をきれいにします
4 必要最低限の
  音色の調整
タッチの調整
演奏に支障のない状態にします


修理料金についてはお問い合わせください。
現地でピアノを確認の上ご説明いたします。

 




 2.調律 

10年以上調律されていないピアノは全体的に6ヘルツほど音程が下がっています。
ピアノを演奏する上で正確な和音と音程はピアノを演奏するうえで必要であり、
楽しみを倍増させます。
音程を上げる ピアノの定めれた音程に上げるだけで音色が明るくなります
低音中音高音のバランスをとる メロディーラインの音域を強調します
倍音を有効に使う 和音に深みをもたせることで音色が深くなります
また、作曲者の意図を音色より感じることができます

 かなり調律が狂っている状態 5〜10年以上放置
http://www.youtube.com/watch?v=_zPGjKOIeqk
             クリック

 定期的に調律されているピアノで、調律直後ではない状態
http://www.youtube.com/watch?v=mkpuvLtQ-8U
             クリック

調律基本料金GP ¥9,000






 3.タッチの調整をメーカーの基準に       戻す。

ひとことでいえば、指の力をしっかり弦に伝えさせるように調整しなおします

指の力を余すことなくピアノに伝える
指になるべくハンマーをたたく以外の負荷をなくす
鍵盤から指へハンマーをたたくイメージがわかるようにする
重たい軽いといった違和感をなくす


鍵盤を水平にする。一度このような角度から鍵盤を見てください。きっとガタガタです。


これで古いピアノも新しいピアノと褐色なく演奏できます。





 4.音色を整える

せっかく調整するなら音色を整えたい。古いピアノの良さもあります。
これで古い疲れたピアノは若返ります。
音が伸びない、キンキンカンカンうるさい、
モコモコならないなどご不満はございませんか

 ピアノの音色をそろえる項目
音量 お部屋とピアノのバランスをもたせる
音の伸び ピアノ本来の発声をさせて音を伸ばす
バランス 低音域 高音域 中音域のバランスを整える
音色 生理的にうけつける自然な音にする
表現力 ピアニッシモからフォルテッシモにかけて音色も力強くする


 音色が本来のピアノの発声をしているケース
http://www.youtube.com/watch?v=PpLopbxH768

ピアノ本来の良さを感じるピアノ カワイ(ベースにくらべてメロディラインが弱い)
http://www.youtube.com/watch?v=m5yDBUReayw

ピアノ本来の良さを感じるピアノ ヤマハ(バランスがいいが、音色にピアノらしさが薄い)
http://www.youtube.com/watch?v=c0lgXRwqbQY

ピアノの状態が悪いが、古いピアノで、本体が表現力をもっているケース
http://www.youtube.com/watch?v=QMWaSZiRhu8

音量が変化しても音色が変化しないケース(演奏者に表現力があってもピアノが表現力のない)
http://www.youtube.com/watch?v=nILMyHfNihk

音色が硬くなっているが、調律をしているケース

http://www.youtube.com/watch?v=Pt_lC8d9ZNI
 




ピアノのことなら 《 谷口ピアノ調律事務所 》 調律¥8,000〜
谷口ピアノ調律事務所
谷口順繁
愛知県豊田市高崎町欠ノ上10番地7
ありがとうございます。お気軽にお電話ください。
フリーダイヤル 0120−976−586 (携帯電話転送時、応答できない場合がございます。)
電話番号 0565−41−3101
(同業者の方、営業の方はメールにてご連絡下さい。)
ファックス番号 0565−32−8784 
E-メールtaniguchipiano@ gmail.com
※スパム対策のため、@の直後にスペースを入れています。
メールの返事が3日以内以内に無い場合は受信トラブルが考えられます。
お手数ですがその場合、お電話をお待ちしています。
ありがとうございます。ささいなこと、気になることでもご連絡ください。

HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア・企画  運営者情報
Copyright (c)2009,Taniguchi Nobushige