ピアノ調律・修理 愛知 岐阜 三重 出張します
調律・修理  谷口ピアノ調律事務所  名古屋・岡崎・豊田
HOME 作業内容

基本料金

Q&A ブログ イタリア・企画  運営者情報












Q&A

 Q、ピアノはどのように管理すればいいですか?


 A、お答えします



 ピアノの管理について

お部屋の温度が15℃から25℃湿度50パーセントから60パーセントで保たれているのが理想です。
 
なぜならピアノは鉄と木でできており、木は湿度により、鉄は温度により膨張収縮します。
  
除湿機を設置されるのが理想ですが、国産ピアノに関して言えば、日本の気候に対応できるように作られています。
 
覚えていただきたいのは、タッチの変化は湿度により起こり、調律の変化は温度により起こることです。


湿度の変化の許容範囲は10パーセント、温度の変化の許容範囲は10℃ですので年間を通してピアノを安定させる秘訣は、調律を実施させていただく時のピアノのお部屋の環境にあります。

なぜなら、調律を施した時のお部屋の温度と湿度が、ピアノの調律の基準設定温度になるからです。


調律を実施の2時間前からエアコンを入れていただくのが簡単な解決策です。

ピアノは呼吸しています。晴れて天候の良い日は、お部屋の空気を入れ替えると同時にピアノの屋根を開けて空気を入れ替えてください。湿気のこもり、カビの発生を防ぎます。


ピアノの上に物を置かない、傷の原因になります。
花瓶、など水分を含んだものをピアノにのせない、
レッスン時にジュースなどをピアノに置かない、
水分はピアノにダメージを与えます。


ピアノの手入れについて。
良く絞った清潔なタオルで鍵盤を拭いてください。

ピアノ本体も同様に良く絞った布で水拭きされてかまいません。

ご質問がございましたら何なりとご相談にのります。
ご連絡ください。





ピアノのことなら 《 谷口ピアノ調律事務所 》 調律¥8,000〜
谷口ピアノ調律事務所
谷口順繁
愛知県豊田市高崎町欠ノ上10番地7
ありがとうございます。お気軽にお電話ください。
フリーダイヤル 0120−976−586 (携帯電話転送時、応答できない場合がございます。)
電話番号 0565−41−3101
(同業者の方、営業の方はメールにてご連絡下さい。)
ファックス番号 0565−32−8784 
E-メール taniguchipiano@ gmail.com
※スパム対策のため、@の直後にスペースを入れています。
メールの返事が3日以内以内に無い場合は受信トラブルが考えられます。
お手数ですがその場合、お電話をお待ちしています。
ありがとうございます。ささいなこと、気になることでもご連絡ください。

HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア・企画  運営者情報
Copyright (c)2009,Taniguchi Nobushige