ピアノ調律・修理 愛知 岐阜 三重 出張します
調律・修理  谷口ピアノ調律事務所  名古屋・岡崎・豊田
HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア.企画  運営者情報












ピアノのクリーニングのしかた


ピアノの汚れについて


ピアノの水拭き、ぞうきんがけはタブーなのか?
業者にカビだらけでクリーニングを10万円で勧められた。
カビているピアノは家を傷めて健康に悪いのか?
そのあたりをご説明させていただきます。


ピアノがカビている場合、その家もカビています。

失礼なことを書きますが、古いお家はカビも生えています。
それでも人は生活して不自由はありません。
無菌状態の家は新築だけでしょう。
しかもそれは数年のことだと思います。
ですから、ピアノがカビていても大げさに考えないでください。


新築にピアノを移動する場合

業者にクリーニングを委託するのも方法ですが、
調律師に内部清掃をお願いするのも方法です。

業者のクリーニングは5万円までが高くない相場だと思います。
(再塗装、部分修理などは別です)
内部掃除は調律師にお聞き下さい。(当事務所はサービスです)

掃除後、カビのニオイがする場合も3〜6ヶ月ほどで、
ほとんどのケースは匂いはなくなります。



 ピアノの水拭きはタブーなのか?


ピアノは水拭きはタブーなのか?それは塗料により異なります。
ピアノの塗料は ラッカー、ウレタン、ポリ(通称)、カシュー などがあります。

現代のピアノはほとんどがポリ(通称)です。
車の塗装より固く厚いと言えば丈夫とわかっていただけると思います。

問題は30年以上前のピアノです。
ヤマハ、カワイはラッカーを一部、またはすべてに使用しています。
ラッカーとはいわゆるラッカーシンナーを使い希釈する普通の塗料です。
水拭きをしても問題はありません。

ヤマハ、カワイ以外のメーカーの注意が必要です。
東洋ピアノ(アポロ)その他はカシューを使っている場合があります。
カシューとは西洋うるしです。
うるしは水を嫌います。

しかし、カビだらけの埃まるけのピアノを掃除する場合は水拭きも仕方ありません。
ただし、脱水機にかけたほどぞうきんを絞り、大掃除の時だけと決めてください。

もう一度お答えいたします。水拭きは塗料によって神経を使う物であり、
ぞうきんでピアノをふいて湿気でピアノをいためることはありません。

乾いたピアノと湿気を帯びたピアノは重量が何キロも違います。
それは水分を長年蓄積した結果で、
木の表面に水分を少し含ませた程度ではすぐに蒸発してしまいます。



実践!ピアノをクリーニングする!


自分でクリーニングをやってみる!
ただし、自己責任でお願いいたします。
上記説明のカシュー塗料は大きな効果が上がりませんのでご注意、
また、カシューはコンパウンド、ワックスともムラになり注意がいります。
ご心配の場合はご連絡ください。


用意するもの
古新聞、マスキングテープ、コンパウンド、ワックス
ワックスは仏壇クリーム、コンパウンドは仏壇金属磨きでも可
紙やすり ♯240、♯400、♯600


初級!塗装面の艶の出し方

ホコリで塗面をを傷つけないように、
まずは水拭きで表面のホコリをきれいに取ります。

次に靴磨きの要領でコンパウンドを布に付けて磨きます。






最初は目立たないところで塗装の反応を見ます。
塗装が痛みそうな場合は業者にご連絡ください。




角は水拭き、コンパウンドとも丁寧に奥まで潜り込ませて磨いてください


拭き上げは他の布で乾拭きします。

ワックスも塗る布、拭き上げ用の布を使い分けて仕上げてください。


中級! 金属面の磨き方

蝶番(ヒンジ)などをご自分で取れる場合は実践してください。
ただし、真鍮ネジは折れやすいので自信のない場合は止めてください。

金属磨きでひたすら磨きます。



ここまできれいになります。




鍵の真鍮部分はマスキングテープで塗装面を覆い、
紙やすりで♯240>♯400>♯600と番手を上げて
最後に金属磨きで仕上げてください

絶対に紙やすりを塗装面にあてて傷をつけないでください



ペダルも大雑把でいいので塗装面、
ペダルの窓のフェルトにコンパウンドがかからないようにマスキングしてください。




上級、パネル裏側、ピアノ内部を掃除する


写真を見てやる気になれたらやってみてください。
内部メカニック、弦には絶対触らないでください。

パネルを外す際はピアノ本体との接触、傷の注意が必要です。


先ずは簡単な下パネルから。
中心の取っ手の上に板バネでパネルを固定しています。
板バネを上に押し上げてパネルを手前に引きます。







パネルは穴とダボによって下部を固定しています。




ピアノの内部を掃除機をかけるもよし、水拭きをするのもよし、
ただし、アルコールスプレー、マジックリンなどでスプレーは厳禁です。


上パネルはメカニックが入っているのでおススメは致しませんが、
機械に慣れた方、器用な方なら簡単です。
丈夫パネルの内部のロックの機構です。
下パネルの応用です。
分からない場合は止めておいた方がいいと思います。




難しいと思われた方、
当事務所では調律込みで¥20,000ほどで引き受けます。

お値打ちだと思います お問い合わせください。


以上参考になれば幸いです。



ピアノのことなら 《 谷口ピアノ調律事務所 》 調律¥8,000〜
谷口ピアノ調律事務所
谷口順繁
愛知県豊田市高崎町欠ノ上10番地7
ありがとうございます。お気軽にお電話ください。
フリーダイヤル 0120−976−586 (携帯電話転送時、応答できない場合がございます。)
電話番号 0565−41−3101
(同業者の方、営業の方はメールにてご連絡下さい。)
ファックス番号 0565−32−8784 
E-メールtaniguchipiano@ gmail.com
※スパム対策のため、@の直後にスペースを入れています。
メールの返事が3日以内以内に無い場合は受信トラブルが考えられます。
お手数ですがその場合、お電話をお待ちしています。
ありがとうございます。ささいなこと、気になることでもご連絡ください。

HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア・企画  運営者情報
Copyright (c)2009,Taniguchi Nobushige