ピアノ調律・修理 愛知 岐阜 三重 出張します
調律・修理  谷口ピアノ調律事務所  名古屋・岡崎・豊田
HOME 作業内容

基本料金

Q&A ブログ イタリア・企画  運営者情報












Q&A



 Q、アフターケア、メンテナンスについて維持費を抑える方法はありますか?


 A、お答えします。



 まず、良い状態のピアノを購入すること

 
良いピアノに出会うために何をするべきなのか?
いちがいに高いピアノがいいピアノだとは限りません。
例え高価な中古のスタンウェイを購入されても、
状態が悪ければ新品の国産ピアノのほうがいい場合もありえます。

 まず、購入される予算を決めてそれに見合うピアノの中で、いいものを探すのが基本です。
例えば50万円で新品のアップライトピアノを探されている場合は、
明らかに僕は中古のアップライトがいいと思いますし、
 20万円でグランドピアノを探している場合、明らかに程度のいい中古のほうが
新品より品質はいいと思います。


僕のおすすめは予算があるなら新品の国産ピアノで、有名ブランド、中級以上がおすすめです。
新品のエントリーモデルなら中古の国産ピアノのほうが品質はかなり上です。
また、中古ピアノの場合、経年変化の狂いが生じた後なので、
その中古ピアノがしっかり再調整がしてあるピアノなら、良い状態でピアノは安定します。

僕がお客様のお宅におうかがいしていつも思うことは、
お客様はみなさんは購入されたピアノは調整が行き届いていると思われていることです。
しかし残念なことにピアノはデリケートで、新品のピアノは5年も経てば調整はかなり狂っています。
以前はもっと音が華やかだった、以前はもっと弾きやすかった
などのお客様の意見は調整の変化から来るものです。

また、本来ヤマハ、カワイはしっかり調整できるピアノですが、
メーカーが出荷するときは演奏に支障が出ない程度の調整で、
本来のピアノの性能を出せる調整がされていないのが現実です。
 

結局、良心的なお店で、新品、中古ピアノとも
再調整されたものを購入されることが一番お得だと思います。
またはお使いのピアノをピアノを一度再調整していただくことをおすすめします。

状態の悪いピアノを購入 いずれ再調整しなくてはならない
状態の良いピアノを購入 良い状態を定期調律で維持
状態の悪いままでの維持 いつも不安がつきまとう 納得できない
一度再調整をしてからの維持 良い状態を定期調律で維持







 維持費をおさえる

 1、ピアノ内部の空気を入れ替える
ピアノの内部に新鮮な空気を入れましょう。カビ、湿気のこもりを防ぎます。
ただ、ピアノの屋根をあけるだけです。
こもった空気は家を傷めるように、ピアノも傷めます。
空気のこもったお部屋がカビ臭くなることは想像できます。

それと同じで調律師に乾燥剤を入れていただくだけでなく、
天気のいい日にお部屋の空気を入れ替えるのといっしょにピアノの屋根も開けましょう。
ピアノを開けてカビの臭いがしたり、ゴキブリが巣を作っていたり
ピアノを締め切っているといいことはありません。
僕がおうかがいさせていただく時はしっかり掃除させていただきます。

 2、調律前にお部屋とピアノの温度と湿度を管理する。
 調律師に調律をお願いするときは、調律2時間前からピアノの屋根を開けて、
2時間前から室内温度も20度から25度近くに、湿度を50パーセントから60パーセントに保ち、
年間の平均温度で調律をしてもらいましょう。調律が安定します。

ピアノは木と鉄、フェルトでできていますので、湿気、温度に左右されます。
湿度は木を膨張、収縮させ、1ミリ以下の精度を求めるタッチに影響をあたえます。
雨の日はピアノが鳴らなくなり、乾燥している日はピアノから雑音がする
これはピアノの部品が湿度の影響を受けているためです。

また、長期間のお部屋の湿度の高さはピアノの回転部品の動きを悪くさせて、
ピアノに不具合をもたらせます。
温度は鉄を膨張、伸縮させて調律の狂いをもたらします。

具体的にいいますと、37A(低音の方から数えて37番目のラの鍵盤)は
5℃温度が変わると、0・5〜1ヘルツ違ってきます。
しかも高音側と低音側は中音ほど影響は受けません。
よって温度変化は調律の音の高さを狂わせるだけでなく、和音のバランスもくずします。
もし、全ての音が同じように変化すれば、音程はさがっても和音は聞けるはずです。

調律時の温度 夏場30℃ 冬場10℃ 調律の状態の変化
10℃ 温度変化20℃ 温度変化0℃ 夏場に調律が激しく狂う
20℃ 温度変化10℃ 温度変化10℃ 夏場冬場とも調律が狂う
30℃ 温度変化0℃ 温度変化20℃ 冬場に調律が激しく狂う


 3、ピアノを弾かなくなってしまったら2年に一回の調律にする。
製造時から10年以上経ったピアノは、ピアノを弾かない場合2年に1回の調律でもかまいません、
(中古ピアノを購入したばかりの方、ピアノを移動した方は、
たとえピアノを弾かなくても2〜3回ほど定期の調律をおすすめします)

2年に一度の場合は調律師に内部の点検、掃除をお願いしましょう。
虫食い、湿気などの早期発見になります。そして、ピアノの状態を教えていただきましょう。

 4、防虫剤は自分で用意して、乾燥剤も本当に必要かどうかたしかめる
これは依頼されている調律師さんにお聞きください。


       



ピアノのことなら 《 谷口ピアノ調律事務所 》 調律¥8,000〜
谷口ピアノ調律事務所
谷口順繁
愛知県豊田市高崎町欠ノ上10番地7
ありがとうございます。お気軽にお電話ください。
フリーダイヤル 0120−976−586 (携帯電話転送時、応答できない場合がございます。)
電話番号 0565−41−3101
(同業者の方、営業の方はメールにてご連絡下さい。)
ファックス番号 taniguchipiano@ gmail.com  
E-メール taniguchipiano @nifty.com
※スパム対策のため、@の直後にスペースを入れています。
メールの返事が3日以内以内に無い場合は受信トラブルが考えられます。
お手数ですがその場合、お電話をお待ちしています。
ありがとうございます。ささいなこと、気になることでもご連絡ください。

HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア・企画  運営者情報
Copyright (c)2009,Taniguchi Nobushige