QLOOKアクセス解析
ピアノ調律・修理 愛知 岐阜 三重 出張します
調律・修理  谷口ピアノ調律事務所  名古屋・岡崎・豊田
HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア.企画  運営者情報
















かがみ音楽教室インタビュー



かがみ音楽教室インタビュー 






        かがみ音楽教室ホームページ


今回はかがみ音楽教室 鏡味(かがみ)先生にインタビューをさせていただく機会をいただきました。


音楽ってなんだろう、心の糧として、一つ特別な何かを持ち続けるもの・・・

競争の中で切磋琢磨して演奏のスキルを上げていくこと、それは今までの伝統的なスタイルであり、輝かしい名誉は素晴らしい思い出になります。その道はその道に任せるとして、もう一つの側面が音楽を習うことにはあると思います。日々の楽しみ、心のよりどころです。
 音楽を通してお子様だけでなく親御様も一緒になって接していける音楽教室があります。レッスンではなくお稽古、ビジネスになる前の本来の習い事の姿がそこのはあるのかもしれません。習い事だけでなく、生徒の気持ちもわかりあえる、そんな先生もあたたかくていいですね。
 心のよりどころがそこにはある・・・思い出してください昔はそんな先生多くなかったですか?



1、ピアノは何のために習うのか?なぜ故に教えるのか?塾や習い事が盛んでなかった昔は女の子の習い事の筆頭はピアノでした。時代は変わりたくさんの習い事があります。それと同時に音楽教育も成熟してきたと思います。
 ピアノを習う良さ、または鏡味先生自身ピアノを以前習って苦労されたことはありますか?また、少々ビジネスライクになりつつある習い事に対して危惧することはありますか?


鏡味先生 私の場合、2歳のころ、ねこふんじやったが弾きたくてピアノレッスンを始めました。弾きたい曲が弾けるようになりたいと思った時に習い始めるのではないでしょうか?

谷口 あまり気負わないで初めて見てもいいということですね。

鏡味先生 私が教える理由は、私も好きな曲が弾けた時の喜び、弾けるようになるまで辛さも大きいけど、曲が弾けた時の喜びの大きさを知ってるから、生徒さんにもこの気持ちを味わせてあげたいからです。
ピアノを通してその子の成長を見る事が出来、生徒さんと、ともに喜び、悲しみも共有できるからです。

谷口 ただの習い事でなく、その先にある物こそいい思い出になっていくのかもわかりません。ただ習い事である以上、難関はありますね。 

鏡味先生  私は、2歳からピアノを始めましたが、バイエルが嫌いでわざとバイエルを忘れていく子供でした(笑)
また、シヤープ、フラットの数が多くついてると、やる気をなくしてしまう子供でした。シヤープ、フラットが多いのが難しい訳でないのに、子供の時はシヤープとフラットがプレッシヤーに
なっていました。

谷口 その気持ち良くわかります。たいていの楽譜嫌いの方はそこに原因があるとおもいます。

鏡味先生 ピアノを習う良さは、忍耐強くなる事と自立心が養われる事です。楽譜と数時間の戦いをするのが最初はつらいのが、段々慣れていくのを感じ、時が過ぎるのも忘れてしまう事もありました。

谷口 モチベーションが大切ですね!それは先生の腕にかかっているのかもわかりません。

鏡味先生 生徒さんすべて私の子供のつもりで接してます。ですから、仕事と感じた事はありません。
今日、あの子は 体調悪そうだけど、大丈夫かな?いつもと違った弾き方するけど何かあったのかな?と考えてしまいます。


2、ピアノを習って挫折される方はたくさんいます。プロにならないのなら上手下手は個人の気持ちの持ちようですが、習い事をする以上ほかの人とのうまい下手は気になります。
覚え始めが遅い子がいれば伸び悩む子もいると思います。共通の目的をもって教室で友達ができ、皆で楽しめれば最高の思い出になるかもしれませんが、ピアノが苦手な子についてどう接していられますか?



鏡味先生 私も子供の時ピアノが苦手でしたか、ら出来ない子供の気持ちは分かりますので、出来ない子供の指導は、得意です(笑)いつも生徒さんに、先生の子供の時より上手だよ!88鍵もあるんだから、まちがえても恥ずかしくないよ!」と言って自信をつけてあげてます。

谷口 器用な子を教えるより不器用な子を育てる方が難しいと思います。しかし不器用で忍耐力があれば長く続けることができるでしょうし、その子にしか出せない味も出てくると思います。





3、これも難しい質問ですが、器用で上手な子はどの様にもっと伸ばしていきますか?夢や進路はそれぞれでしょうが鏡味先生の経験をお聞かせください。

鏡味先生 私はピアノ以外に、バレエの指導もしてましたので、ピアノレッスンの中で、ピアノを弾くだけでなく、みんなで踊ろうと言って好きなように踊らせることもあります。
そうする事でコミニュケーションをとる事が出来、子供たちの考えてる事が良く分かり、生徒さんは、心を開いてくれます。いつも身体でリズムをとる事を教えてます。
器用な子は、踊りながら勝手に曲をつくり唄ったりします。ピアノの上達の早道だと思ってます。

谷口 なるほど、神経をピアノ一点に集中させるのではなく体を動かすことも行えばその子に向いたことを尚、広げることができるのですね。
また、器用な子は責任感と強いプレッシャーに耐えている場合があり、上手くいっているからそれで良いわけではないのですね。


4、子育てを終えられた世代で、家にピアノがあるけど使ってみようか?そんなお父さんやお母さんが最近は多いと思います。何分おっくうで時間はあるけど習いに行く勇気がない・・・大人の方へピアノを教えるにあたり気を付けていることはありますか?ピアノを習いやすくする工夫はありますか?

鏡味先生 大人の方への指導は、指の練習の楽譜と、生徒さんの弾きたい曲を弾かせてあげるよにしてます。難しい所は、簡単に弾けるようにアレンジします。弾きたい曲のみも可能です、生徒さんのご要望にお応えしたいです。

谷口 趣味は楽しまなくてはなりません、気負わないで夢の手助けをするという感じですね。



5、かがみ音楽教室の一般的な音楽教室と明確なポリシーの違いを感じる部分があります。鏡味先生の目指すものはどの様なものですか?


鏡味先生 単なるピアノ教室でなく、総合的な場所にしたいので、そのための用意と準備をしています。ピアノは、孤独の戦いです、難しくなってくると、ピアノが嫌になり、ピアノが弾けないと、レッスン休みたくなり、休みが続くと辞めてします。

谷口 せっかく習い始めるのに挫折は多くの方が味わう難所ですね。総合的な場所、それは一般的な教室では耳にしない発想です。

鏡味先生 私の教室は悩みの相談したり、塾の宿題をしてる子、新しい友達をつくったり、お母様同士子育ての相談したりしてますよ!語らいの場であり、ストレス発散の場でもあります。いつも笑い声が絶えない教室です。自然にピアノが楽しく続けられるように心がけています。 レッスンだけの場でないのです。2歳から70歳までの生徒さんがいます。人生の先輩から大切な事を教わる事もあります。

谷口 人が集う場所ですね。今はそのような場所は少なくなりつつあります。まずは行きたくなる環境、それは大切ですね!

鏡味先生 そう! 私の目指す教室は、みんなが集まる場にしたいのです。レッスン日でないのに友達について来る生徒さんもいます。

谷口 なるべく皆様の居心地がいいように配慮されているのですね。一度気になった方はお気軽にかがみ音楽教室に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

鏡味先生インタビューありがとうございました。

かがみ音楽教室ホームページ






アウトレットピアノすべて込みで¥100,000〜


ピアノのことなら 《 谷口ピアノ調律事務所 》 調律¥8,000〜
谷口ピアノ調律事務所
谷口順繁
愛知県豊田市高崎町欠ノ上10番地7
ありがとうございます。お気軽にお電話ください。
フリーダイヤル 0120−976−586 (携帯電話転送時、応答できない場合がございます。)
電話番号 0565−41−3101
(同業者の方、営業の方はメールにてご連絡下さい。)
ファックス番号 0565−32−8784 
E-メール taniguchipiano @nifty.com 
※スパム対策のため、@の直前にスペースを入れています。
 メールをお送りいただく際は、スペースの削除をお願いします。

メールの返事が3日以内以内に無い場合は受信トラブルが考えられます。
お手数ですがその場合、お電話をお待ちしています。
ありがとうございます。ささいなこと、気になることでもご連絡ください。

HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア・企画  運営者情報
Copyright (c)2009,Taniguchi Nobushige