QLOOKアクセス解析
ピアノ調律・修理 愛知 岐阜 三重 出張します
調律・修理  谷口ピアノ調律事務所  名古屋・岡崎・豊田
HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア・企画  運営者情報
















音楽教室






先生に聞いてみよう 村松佐よみ先生 

                  
音のさんぽ道様


碧南市で音楽教室を運営されている 村松佐よみ先生にお話を聞く機会をいただきました。
しっかりとした生徒様への音楽を教える姿勢をお持ちです。

長い音楽との生活の経験から、生徒様に伝えたいこと、教えるべきこと、
これは村松先生だけでなく、ピアノの先生が伝えたいことでもあるのではないでしょうか?

これからレッスンを始めようと思われている方、お子様に習わせたいと思われている方、
ピアノレッスンとはどういうものかイメージできます。




谷口 
音楽は奥の深いもの、そして生きていくのに楽しさを与えてもらえるものと僕は思って いますが、
村松先生がピアノをはじめられるきっかけになったのはどの様なものでしたか?


村松 ピアノを始めた 「きっかけ」 ですか…はっきりとは覚えていませんが、
きっとお友達が弾いているのをきいて「私もやりたい」と思ったのでしょうね。
近所のお姉さんがピアノを教えてみえたので、そこへ通わせてもらい始めたのが最初 です。

そもそも音楽は好きだったのだと思います。幼いころから歌もよく歌っていたようで す。
あとは、父がとても音楽好きです。消防士でしたが、私にとって父の姿は、
消火や救急車で出動している姿より消防音楽隊でトランペットを吹いたり、
指揮をとっていたりする姿の方がしっくりきます。

父の影響で、小学校ではトランペットやトロンボーンも吹きました。
正月早々 「お吹き初めだ。」 という父の言葉に、
父の吹くトランペットの伴奏をさせられたの も今では良い思い出です。
でも、近所迷惑だったでしょうね(笑)。


谷口 父親の影響は大きいかもわかりませんね。親子で音楽、楽しそうです。
音楽隊での父の雄姿はカッコ良かったのではないでしょうか?
当時はピアノブームで、女の子が習うものの筆頭はピアノだったと思います。



谷口  村松先生は、愛知教育大学 教育学部 音楽科 ピアノ専攻と、音楽人生に進 まれましたが、
長い年月のピアノレッスンの間には楽しいこと、苦しかったことなどたくさんあると 思 います。
これからレッスンを始めたいと思われている方へ、先輩からのアドバイスをよろしく お 願いします。


村松 結果、音楽が主となりましたが、そもそも人と接する事が大好きでした。
小学校時代、本当に素敵な先生とめぐり合う事が出来、
それ以来学校の先生になりたいと思い教育大を選択しました。

【音楽だけの道】 に進むというつもりは親も私も全くなかったので、高校は普通科で したが、
幸いな事に、小2からお世話になった先生がとても真面目で熱心な先生で
容赦なくしごいて下さったお陰で(笑)、
私立音大ピアノ科も受検し合格する事が出来 ました。


谷口 高校の普通科に通われているときもレッスンを真剣にされていたのですね。
そして教育大学を選ばれたと。
人に何かを教えることは素晴らしい技術でもあるので、
今まで学ばれたことは全て有意義だったのでは・・・・・
人との出会いがいかに人生を変えていくか・・・素晴らしい先生にであえてよかったですね。

音楽を続けていて楽しかったこと、苦しかったことは、どのようなことでしたか?


村松 楽しいことといえば、学校行事等で 「ピアノ」 といえば自分に声をかけてもらえる事 が、
子供心にとてもうれしかったですし、誇らしかったと思います。
特に、体育が全く苦手だった私は、何か一つでも、
ひとから認めてもらい自信の持て る事があった事は、
学校生活を送る中で、とても心の支えになったと思います。


谷口 特技、人とは違うことができることは、喜びであり、自分の存在の意味みたいに感じます。
ピアノを習おうと思われている方、お子様に習わせたいと思われている方、
これは大げさではなく、一生自分を支えて、勇気づけてくれるものです。
特別なものに変化するために毎日人のしない苦労をするのです。

もちろん村松先生にとって苦しかったこともあると思いますが


村松 苦しかったこととは違いますが、悲しい思い出として、
中学時代吹奏楽部に所属して クラリネットを 吹いていました。
それはそれでとても楽しい事だったのですが、
ピアノのレッスンが 土曜日で どうしても毎週部活動を早引きして帰らなくてはいけませんでした。

ある日顧問 (男性) から、
「毎週々々、貴重な土曜日の練習を早引きしなくてはいけないピアノなんかやめてし まえ」
と 言われた事により、しばらくの間とても悩み、結局部活動をやめてしまいました。
今思うと、先生も部活動指導に熱心なあまり、思わず口を付いて出てしまった言葉 だったのだと思います。

先生ご自身も、とてもピアノがお好きな方で、
生徒たちの前でリクエストにこたえて よく弾いて下さっていましたから。
部活のコンクール前で思わず出てしまった一言だったのでしょうね。
その後何度も、先生から改めて部活を続けるようお声をかけて頂きましたが、
今思うと、若気の至りというか子供でしたね。
「やめてやる!!」の一点張りで(笑)。

しかし、そこはずっと私の中にチクチクとした痛みを伴う思い出として残っていま す。
何気ない一言が、子供の心に小さなささくれのように残るという経験をした者として 立場が変わった今、
気をつけないといけないな…と思う事のひとつです。


谷口 言ってはいけないこと、言うべきこと、大変繊細なことで、
これは人と人との相性につながることと思います。
「そんなものはやめてしまえ」 言っては言えないことのような気もします。
最後は自分で決めるべきです。生きていくのは自分です。

僕は物覚えお悪い方で、何かを教わる時は罵倒されてしまうほうですが、
反面、個性が強いので、人の意見や予想と全く違う人生を送っています。
自分との付き合い方を自分が知ることが大切だと思います。
人にものを習う時は、教えていただく方の言葉は助言でしかありません。
実際にアクションを起こしているのは自分なのです。
なすがままに、なるがままにです。
話がそれました。


村松 ピアノの上達に関して苦しかったというか、楽しくなかったことは、
一日の練習の中では、なかなか目に見えるほど上達しないという事。
何度弾いても何度弾いても思うように弾けるようにならない・・・。
鍵盤をガンガン叩いて癇癪をおこした事も数知れず…。

手のひらの筋肉や手首が痛くなってしまって、湿布を貼りながら練習した事もあります。
爪が割れてしまって、ガチガチにテーピングして弾いた事も。
ただ、これは完全に手の使い方が間違っている証拠ですね。

しかし、これは不思議なもので、それでも毎日続けていると
ある日突然「あれ?弾けるようになってる…」と気付く自分がいます。
その事を、自分ではっきり認識してからは、その日に弾けなくても
「ま、いっか。また明日やろっと。」 と次の箇所の練習に移っていけるようになりました。

今、お子さんの練習に熱心に付き合って下さっている親御さんも たくさんいらっしゃると思いますが、
「なんとか、今ここで完璧に出来るようにさせたい」という強い思いから、
つい子供に無理をさせてしまう事があるかと思います。

よく、「泣きながらでも練習させて…」 という話を聞く事がありますが、
特に幼い頃の記憶は心の奥底に残りますから、
いつも泣かせながら練習させるのは いかがかなものかと思います。

泣かせないで(時に本人が、出来ない自分にふがいなさを感じて涙が出てしまう事は ありますが)、
いかに手の平の上で転がして練習させるか、

本人は練習<させられている>とも露知らず、気付いたら相当量の練習をこなしてい た…
というのが、大人である親や指導者の腕の見せ所だと思います

≪上達はらせん階段のごとく≫ とある先生がおっしゃいましたが、
まさにその通りだ と思います。
『今ここで、今日中に、今週中に』一気に階段を登りきることは出来ません。
というか、音楽の階段は登れば登るほど先へと続いて行きますからエンドレスです。


谷口 人との出会いは大切なことですね。 
物事に努力する方法を、ピアノを習うことから子供は自然に習得でいきると思います。

子供の習い事として、英語、学習塾など勉強に直接的なことだけでなく、
体と頭を使ったピアノ演奏は体も、感覚も学ばなくてはならないので、

学校を卒業してからピアノで学んだ 「学び方」 が役に立つかもしれません。

谷口 村松先生のお好きな作曲家、音楽、などを教えてください



村松 好きな作曲家…う〜ん、難しいですね。
例えば  「バッハはピアノを学ぶ上で絶対に大切なのよ」 と弾かされていた昔は 大嫌いでした。
今、当時大嫌いだったバッハの作品を弾いてみると、
そこに隠された秘密や アイデアの豊富さを自ら見つけられるようになり、
謎解きのような楽しさを感じます。

また、譜読みは面倒だし、訳がわからないと毛嫌いしていた近現代の作曲家の作品も、
昔と今では感じ方が違います。
クラシックに限らずポピュラー音楽も好きですし、ジャズコンサートにも足を運びます。

邦楽にも背筋の伸びる粛々とした空気を感じますし
吹奏楽は自分もその音の中に身を置いた経験がだぶるのでしょうか、なぜだか涙が出 ます(笑)。
ハーモニーが融け合った合唱には震えがきます。 結論 「なんでも好き」 という事ですね。

谷口 バッハは素朴で奥深い感じがして、音楽の高揚が当時の楽器にさえぎられて
その中での作曲は表現が平面的かもしれません。
それだから演奏は細心の注意が必要なのでしょうか。
現代曲は僕には聴くことすら理解に苦しみます。
また、村松先生の、広いジャンルがお好きなことは視野が広いことだおもいます。


谷口 目標、音楽教室をされていて良かったこと、感動されたことなどを教えてください。


村松 一番嬉しい事は、一人の人間の成長に、長期に渡って沿う事が出来る事でしょうか。
また、こちらは老化の一途を辿っていますから(笑)

レッスンの中で子供たちの発想の豊かさに驚かされることは、嬉しい刺激です。
あとは私事ですが、自分の子育てはほとんど過去形になってしまっているので、
世の中の「今」の情報が子供を通じて入ってくる事は面白い副産物ですね。

あと、最近立て続けにあったエピソードで、お二人の青年が ご自分の結婚披露宴の場で、
新婦にシークレットでピアノ演奏をプレゼントしたい、 と お忙しい中レッスンに通われ、
見事本番に成功されました。
お式の終わった後 「ありがとうございました」 とご報告いただき、
人生の旅立ちの大切な思い出の1ページに、
微力ながらお手伝い出来た事に 嬉しさを感じる事ができました。



谷口 感動的なお話です。人とふれあうお仕事は素晴らしい職業ですね。
村松先生の存在を生徒様はいつまでも覚えていることでしょう。


より実践的なレッスンを、実感としてイメージされたい方、
真剣にお子様にピアノを習わせたいと思われたかたは、インタビュー2を引き続きお読みください。
わかりやすく村松先生が書いてくださっていますが、少し専門的になります。
村松先生インタビュー2

アウトレットピアノすべて込みで¥100,000〜




ピアノのことなら 《 谷口ピアノ調律事務所 》 調律¥8,000〜
谷口ピアノ調律事務所
谷口順繁
愛知県豊田市高崎町欠ノ上10番地7
ありがとうございます。お気軽にお電話ください。
フリーダイヤル 0120−976−586 (携帯電話転送時、応答できない場合がございます。)
電話番号 0565−41−3101 
(同業者の方、営業の方はメールにてご連絡下さい。)
ファックス番号 0565−32−8784 
E-メール taniguchipiano @nifty.com 
※スパム対策のため、@の直前にスペースを入れています。
 メールをお送りいただく際は、スペースの削除をお願いします。

メールの返事が3日以内以内に無い場合は受信トラブルが考えられます。
お手数ですがその場合、お電話をお待ちしています。
ありがとうございます。ささいなこと、気になることでもご連絡ください。

HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア・企画  運営者情報
Copyright (c)2009,Taniguchi Nobushige