ピアノ調律・修理 愛知 岐阜 三重 出張します
調律・修理  谷口ピアノ調律事務所  名古屋・岡崎・豊田
HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア・企画  運営者情報








 
   



  質問ポスト
    outlook起動

 あなたのお悩みにお答えします。ピアノ購入について、
お持ちのピアノのお悩み、
などお気軽にご相談ください。
お待ちしています!

また、ホームページのご意見聴かせてください。
ご意見反映いたします。

(冷やかし、からかいはお断りいたします)



ご依頼お見積り
ご依頼、お見積りフォーム
イタリア・企画


コラム
         古いものから削除しています。まだまだ聴き足りな方はメールマガジン購読手続きをしてください。
             掲載記事を発行します







ピアノと体格について1

 僕はどちらかというとピアノを演奏するのが好きというより
演奏を聴く方が好きです。
一般的にピアノが弾けなくてなぜ調律ができるか?
という声も聞かれますが、
調律師にのピアノを仕上げた時の達成感は、
演奏者が曲を仕上げた時の達成感と通じるものがあると思います。

調律師という仕事は演奏を客観的に見ることが必要で、
悲しいことに、どこまでいっても依頼された本人にはなれず、
調律師自身が演奏するという主観も必要ですが、
原則的には第三者の立場からピアノに接する
仕事だと思っています。
音楽に演奏とは違う形でのたずさわりかたですね。

ピアノ音楽
演奏者の音楽の考え 調律師の音楽の考え
二つを同時に極めることは難しい




 まず、今まで言われてきたこと、そしてそう思うことは、
演奏者にとって第一に求められることは表現力だと言うことす。
美しい音色は二の次です。
例えばコンサートなどは、演奏を聴きにくる聴衆の方たちは、
ピアノの音色を聴きにくるのではなく、
演奏者の音楽、表現の世界を聴きにくるからです。

必要な要素 コンサートで聴衆に求められること
もっとも必要なこと 演奏者の音楽の世界
次に必要なこと ピアノの音色、表現力
演奏者とピアノの表現力が大切

では演奏者にも聴衆の方にも大切なピアノの表現力とは
何でしょうか?あなたはどう思われますか?

まず、ピアニッシモからフォルテッシモまでの音量の幅があること。
全ての鍵盤の音にばらつきがないこと、
できるだけ音が伸びてほしいこと、
ベース、中音、高音のバランスがとれていること、
タッチがコントロールしやすく、
無制限な段階をかんじること。などでしょうか?

ピアノの表現力に求められるもの
ピアニッシモからフォルテッシモまでの音量の幅
全ての鍵盤から出る音にバラつきのないこと
音が伸びること
ベース、中音、高音とバランスがとれていること
タッチがコントロールしやすく無制限な段階を感じること
ピアニッシモからフォルテッシモへ渡り音色も力強くなること


実は大切なことがもうひとつあるのです。
 ピアニッシモからフォルテッシモにかけて
音色もやさしい音から力強い音に変化しなくてはなりません。
ここが良いピアノとダメなピアノの分かれ目です。

 演奏者にとって弾きこなせるピアノか
弾きこなせないピアノかキーポイントとなるのは、
自由に音量だけでなく、音色のやさしさや力強さも
同時にコントロールできることが大切なのです。

 しかし、そこに演奏者とピアノに僕は何か
こえられない壁があると痛切に感じました。

では、演奏者とピアノに表現力をもたせるには
どのようにすればいいのでしょうか?

ここで僕はある関係をもって、
ピアノと演奏者がお互いにバランスよく表現力をもつことが
できることを説明したいとおもいます。

それは演奏者の体格や骨格で
ピアノの表現力は決まってしまうということです。
また、ピアノの大きさによって表現力の出せる
体格の持ち主はきめられてしまうということです。

出てくる音の表現力
演奏者の持っている表現力 ピアノの持っている表現力
良いバランスの接点がある








ピアノのことなら 《 谷口ピアノ調律事務所 》 調律¥8,000〜
谷口ピアノ調律事務所
谷口順繁
愛知県豊田市高崎町欠ノ上10番地7
ありがとうございます。お気軽にお電話ください。
フリーダイヤル 0120−976−586 (携帯電話転送時、応答できない場合がございます。)
電話番号 0565−41−3101 
(同業者の方、営業の方はメールにてご連絡下さい。)
ファックス番号 0565−32−8784 
E-メール taniguchipiano@ gmail.com  
※スパム対策のため、@の直前にスペースを入れています。
 メールをお送りいただく際は、スペースの削除をお願いします。

メールの返事が3日以内以内に無い場合は受信トラブルが考えられます。
お手数ですがその場合、お電話をお待ちしています。
ありがとうございます。ささいなこと、気になることでもご連絡ください。

HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア・企画  運営者情報
Copyright (c)2009,Taniguchi Nobushige